Variable Advert Header

金利比較ランキング!審査が早いキャッシングは?

消費者金融と聞いてどのようなイメージをもたれるでしょうか。
おそらくドラマやマンガ等の影響から、マイナスなイメージが先行しているのではないかと思います。
ここでは、そのようなイメージがある消費者金融について説明します。

消費者金融に対してマイナスなイメージをもたれる理由は、借りたお金を返せなくなった場合に行われる「取立て」にあると思います。
取立てとは、例えば物をお金に換えて借金の返済に充てるために、強制的に物を取得することです。
本来であれば、取立ては裁判所を通じて行われます。
しかし、世の中にはこのような適法な手段によらずに、過激な手段によって取立てを行う人もいるようです。
確かに債権回収は時間との勝負ですが、暴力的な手段によることは許されるものではありません。

今までの話は、お金が返せなくなった場合のものです。
一方で、消費者金融というのはメリットもあります。
それは、無担保でお金を借りることができるということです。
この点は先ほどの取立てと表裏の関係にあるといえます。
つまり、貸す側としては担保がない以上、どうにかしてお金を返してもらわないとつぶれてしまうということです。
銀行でお金を借りようとすると、間違いなく担保を差し出すように言われます。
急にお金が必要になった場合に担保がなければお金を貸せないと言われたら、借りる方は打つ手がありません。
そんなとき、担保がなくてもある程度まとまったお金を貸してくれる消費者金融というのは、借り手側からすると使い勝手のいい存在であるといえます。
しかし、その使い勝手のよさから借り手が必要以上に借りてしまった結果が前述の取立てにつながっているとしたら、皆さんはどのように思われるでしょうか。

消費者金融の金利

消費者金融でお金を借りる際に気になるのが金利ですよね?
銀行に比べたら金利も高いところが多いのも事実ですが、それでも消費者金融ごとに金利は結構違いがあります。なのできちんと調べないと思わぬ損をしてしまう可能性もあるでしょう。
今回はそんな方のために、消費者金融の金利の比較方法を紹介したいと思います。

まず金利は借入限度額によって大きく変わる場合が多いです。
多くの金融機関では借入限度額が大きいほど金利が低くなる傾向があります。
金利が低いところだと2~5%ぐらいから、高い金利で最大18%です。
これ以上の金利は法令で禁止されていますので、そのような業者があれば違法業者になります。

また金融機関によっては口座に預金がある場合やキャンペーンなどで金利を引き下げている場合もあります。

消費者金融の総量規制

消費者金融規制についてインターネット上で検索すると、総量規制という言葉が出てきます。
総量規制とは、簡単にいうと、消費者金融によって借りられるお金の上限が決められてしまったということです。
具体的には、年収の3分の1が上限とされました。
この総量規制がかかるのは、個人だけです。

この総量規制には、多くの除外規定と例外規定があります。
これを聞いて、抜け道があると考えることもできますが、制度として柔軟性をもたせたと好意的に捉えることもできます。
具体的には、医療費が必要な場合は総量規制にかかりません。
緊急手術が必要なのにお金がないことから手術が受けられない、といった状況を避ける趣旨でしょう。

現在消費者金融を利用していない人にとっては、ここまで正直に言ってどうでもいい話だと思います。
しかし、現在借金をしなくても生活ができていることと、将来借金をしないですむ生活ができるかどうかは、まったく別の話です。
消費者金融に対しては、多くの人がいいイメージをもっていないと思います。
しかし、急にまとまったお金が必要になるかもしれません。
銀行は、担保がなければなかなかまとまったお金を貸してくれません。
ですから、総量規制については多くの人が理解しておく必要があると思います。

多重債務に注意!

多重債務とは、いくつもの債務を負っている状態をいいます。
債務の数が増えれば増えるほど、当然返済の額も増えますから、その分生活に回せるお金は少なくなります。
借金の返済がなければ、生活は豊かになるでしょう。
しかし、個人であっても、例えば住宅ローンと自動車ローンを同時に支払うといった状況がありえます。
つまり、多重債務は日常生活を送る上で、なかなか避けられないものであるといえます。

それでも、住宅ローンや自動車ローンの場合、銀行を通じてローンを組む場合が多いです。
この場合、購入する予定の住宅や自動車がそのまま担保になるので、銀行としてもローンを組んでほしいと思っています。
言い方は悪いかもしれませんが、銀行が損をしないシステムになっているということです。
そうすると、借りる方としても、多重債務の状態ですが返済が厳しくなるケースは少ないと思います。

ここで問題視したいのは、そうではない多重債務です。
つまり、複数の消費者金融からお金を借りるようなパターンです。
消費者金融が規制される1つの原因として金利の問題がありました。
そのため、複数の消費者金融からお金を借りてしまうと、利息の支払いだけでも高額となり、いつまで経っても元本が減らない事態が生じます。
こうなってしまうと、利息を支払うためにまた借金をせざるをえなくなり、どうにもならなくなってしまいます。
そういうときは、まずは今借りている借金の金利を引き下がられないか検討してみましょう。 借り換えすることで、毎月の返済負担を減らすことができるかもしれません。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 即日融資なら午前中に!

    近年キャッシング会社が増えた事により、それぞれの会社が様々なサービスを設けて、お客様の獲得に精を出しています。 その中で特に大きいサービスが、即日融資かと思います。 申し込みから審査、そして融資までが即日可能とホームベージ等に掲...


  • 事業資金ビジネスローンの借り入れ

    事業で急に資金が必要になったり、運転資金が足りなくなったとき、銀行の事業者向けローンは非常に審査が厳しいです。 しかも、銀行は審査が厳しいだけではありません。事業者向けローンは審査に時間がかかります。すぐに融資してもらえません。時...


  • ネットでの即日融資は来店不要で便利

    進化した現在の消費者金融では、長いやり取りを短縮し、多くのところで即日融資を受けることが可能です。更にいえば来店の必要もなく、自宅にいながらにして借入金を受け取ることもできるのです。それが例え初めての利用だったとしても、わざわざ窓口にい...


  • 消費者金融金利を比較して審査に通ろう

    消費者金融は審査が若干甘く、正社員でなくても基準以上の給料があれば審査に通る可能性があるので派遣、アルバイトなどに人気があります。 また審査スピードも最近は早い所が多く即日融資というのも珍しくないです。ただ、1つちょっと気になるの...


  • 消費者金融で即日融資

    消費者金融で即日融資は、実際に難しい事ではありません。基本的に多くの業者では即日融資を取り扱っています。 しかし、気をつけなければいけないことがあります。それは申し込みの時間帯になります。申し込みの時間帯が遅くなれば審査が終わ...


  • 即日融資で便利なカードローン

    銀行や消費者金融会社では、個人向け小口融資としてカードローンやキャッシングを行っています。 一括返済のキャッシングと残高スライドリボルビング方式で返済するカードローンでは人によって利便性が違います。 どちらも共通することは、満2...


  • 消費者金融でキャッシング

    消費者金融でキャッシングする方法ですが、いくつか存在しています。自分の利用しやすい方法で利用できます。そのキャッシング方法ですが、基本的なものは以下のものになります。 ・ATM ・インターネット ・電話 以上の中から自分...


  • 消費者金融は審査に通りやすい!?

    消費者金融からお金を借りたい方は多いと思います。やはりどうしても生活が厳しくなってしまうことは誰にでもあります。お給料が減ってしまう音もあるでしょう。お金を使いすぎてしまう事もあるでしょう。そういった時に、救世主になってくれる可能性があ...


  • 消費者金融金利の上限に注目しよう

    消費者金融の金利はキャッシング先を選ぶ際の重要な情報のひとつです。業者側もそれをよくわかっていて色々な場面で宣伝する際にはこの金利をひとつのアピールポイントとしてきます。 最低金利が3パーセントや5パーセントという情報をよく耳にするこ...


  • 消費者金融金利と銀行カードローンの金利

    お金を一般人がすぐに用意する方法として挙げられるのが消費者金融を利用する方法と、銀行のカードローンを利用する方法があります。総量規制の対象となるかならないかなど、両者にはいろいろと違いがありますが、借り入れの初心者にとっての違いは金利が高い...